-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-30 23:08 | カテゴリ:その他
ヤフオクでヴァイスDCデッキを放出する(【エリカ+杏型生徒会】以外)であろうことから、今所持しているデッキをまとめてみました。

というわけでとりあえず今回は音姫デッキを公開します。
他のデッキも順次公開しますので、良かったらそちらもどうぞ。



正直に言います。

このデッキで勝つ気はありませんwww

いや、もっと正確に言うと、勝つ気はあったんです。
ですが、改良に改良を重ね―おそらく自分の所持しているデッキの中でも最多回数の改良を加え―それでもなお、勝率が5割にも満たなかったので、もう投げました(*´∇`*)

いやだって、記憶4枚とかなめてるでしょww
発動してたらコスト足りなくなって、そもそも音姫が枚数展開できないから、1体狩られた瞬間にジリ貧。
じゃあ守るか、とアジサイを投入していたら化物語の参戦=蟹ひたぎで敢え無くアウト。

それでも旧タイトルにはさすがに勝率5割↑つきますが、ミルキィ・化物語etc強経験タイトルには全くと言っていいほど勝てませんでしたね。

そして今回公開しているのは、改良した中でもあまり勝率の良くなかったデッキです。
じゃあなぜそんなデッキを公開しているのかと言うと、やはり魔法で統一したかった、という理由や、ヤフオクに出す際に見栄えがいいからですw

正直言えばPR朝倉家とかPR仲良し姉妹とかは抜いて、花咲藍やLv応援エリカを入れたほうが安定しました。
ですがやはり、そんな統一性のなさげなデッキよりも、PR入りやら統一感のあるデッキの方が高く売れそうだったので・・・・・・


なかなか勝てない要因としては

・自ターンの火力はそこそこ出るが、素の1/1/7000クラスがいないので、結局助太刀圏内で収まってしまう
・返しは全滅必死
・記憶発動で手札・ストックともに壊滅

が挙げられます。
1つ目は花咲藍、3つ目は夢見ていた情景の投入等、緑を投入するとかなり安定することは判明しました。
ですがやはり、返しに弱いのが決定的でしたね・・・・・・

というわけで全然勝てないこのデッキですが、とりあえず出品宣伝を兼ねて晒しておきますw
参考にしてもいいですが、「勝てねーじゃねーか!!!」とか文句を言わないように。

たぶんほとんど変わらない構築(PRことりは抜きますw)で出品すると思いますので、興味のある方はブログでの出品告知後(?)覗いてみてください。


P.S.
どうせパワーで勝てないので、今は記憶ガン無視の「Yシャツの美夏」+「玩具の魔法使いアイシア」+「告白するさくら」のソウルビート寄りの魔法デッキとなっています。
そちらのデッキもまた公開しますので、良かったら見てください。


スポンサーサイト
2012-01-29 04:36 | カテゴリ:Phantasmagoria
やっぱり身内でやっている人がいないので、これは大会に行かなければ対戦できないだろう、ということで昨日はアキバのショップ大会に行ってきました。

とはいえ、さすがに回したこともない人がいきなり良いデッキを作れるわけも無かったので、るりゅさんのデッキレシピを参考に、4~5枚いじったストノ朝霧先輩エースのデッキを使いました。

その結果は…1敗1分。
まあ初めての対戦なのでこんなもんだろう、という感じの結果でしたw

対戦内容を簡単に書きますと


1戦目:水上 由岐
手札は良好。
朝霧先輩にアイテムを装備した上で、副会長と長光の知力アップしてひたすら知攻めを繰り返していきますw
相手はかなり慣れている人みたいでしたが、どうやら要のアイテムとバトルが枚数引けていなかったようで、序盤はかなり有利に進みました。

ところが自ターンに知力を上げるためにキャラをレスト(といっていいのだろうか?w)した結果、返しに立っているのがユースティアのみとなってしまったターンがw
それだけなら朝霧先輩で受けて、特に何もせずダメージを食らっていればよかったのです。

が、前衛キャラに一方的に4点入れられてこちらは何もダメージを与えられない、という状況にちょっと焦りが。
相手攻撃キャラを落とせもしないのに間違って「一騎当千」を打ってしまいました;;
それに対し、相手は「目の保養」でたった今ダメージを受けた希実香とエースの由岐を回復。
与えたダメージは400点だったので、実質100点与えるためだけにEXスキルを無駄打ちしてしまったような感じでした……

ですが、それでもまだ互角のような感じではありました(素人目)。
しかしここで一番痛かったのが「新奇な予言」。
こちらの朝霧先輩が「素晴らしき日々」キャラ扱いにされます。

正直そこで自分は「で?」と甘く考えていました。
朝霧先輩が「素晴らしき日々」キャラにされたからといって、ストノのキャラは朝霧先輩を除いても既に3人いたので、「カリスマ生徒会長」の効果発動には困らないな……と。

が、終了ステップ。
自分「みかもで朝霧先輩を回復します」
相手「いやストノキャラじゃないので効果発動できませんよ」
自分「……あ」

やばい朝霧先輩が回復できないwww
ということでその場はとりあえずユースティアで回復。
ユースティアやっぱ強いですねw

次のターン。
自分「ショッピングを使用します」
相手「いやストn」
自分「…………やばい」

ってな感じになって、そこからはまともに動けなく……
複数のアイテムを装備してパワーアップした希実香の攻撃を受けきれず、敢え無く前衛が2人ダウン。
どうするどうするって感じのところでタイムアップが来ましたw

いやほんと相手に申し訳なかった……
こっちは初心者なのでいちいち行動に時間がかかって、結果的にそれが原因で引き分けになってしまったような気が;;
でも相手も優しい方だったので良かったですw

それよりも驚いたのが、40分と言う時間でタイムアップするという事実。
大会動画とか観てると30~40分はざらにありますが、「そんなにかかるのか……?」と正直思っていました。
しかし実際にやってみると余裕で時間が足りなかったww
考えること多いから、やっぱ気がつかないうちに時間がとられるんですかねぇ~


2戦目:フィオネ・シルヴァリア(構築済み)
マリガンの後、再び手札は良好。
しかし、2ターン目に相手のバトルが置かれる。→「プール掃除」

いやいやいやちょい待って、こっちは武をまともに受けれるキャラまだ引いてないんですけどww
って感じで、とりあえず朝霧先輩で数ターン受け……たかったのに、相手がアイテム「猫舌」を朝霧先輩に装備。

ユースティアとみかもが(実質)無力化されたんですけどwww
ってことでどうしようか悩みましたが、手札に手当てが2枚あることを考慮して数ターンは朝霧先輩で受けることに。

が、いつまで経っても武受けキャラを引かない……
これは朝霧先輩が倒れてしまう!ということで、とりあえず耶央に。

相手「じゃあ○○使います~」
自分「了解です」
相手「○○も使います~」
自分「了解です」

ガン通りwwwww
敢え無く耶央はダウン。
そしてもう1枚「プール掃除」が置かれる。

みかもで受けるしかない……

相手「○○使います」
自分「まだあるの!?」

普通に通してみかももダウンw
キャラが2人も倒れたせいでコストが無く、自ターンで迂闊に仕掛けることも出来ないのでターン終了。

相手ターンに再びの2連アタックを凌ぎ切れずに(1回目は「一騎当千」で受けるも、2回目の相手エースのアタックを防げず)負けました。

でもまあ対戦中、とても楽しかったので良かったですw


そんなわけで初対戦を終えた自分ですが、今日の総括と反省を書くと

「アイテムに何らかの対策を講じないとまずい」
「武受けキャラが足りない」
「かなり楽しかった!」

といったところでしょうか。
特にアイテムには、2戦とも苦しめられたので、本当になんとかしないとですね……

あと、由岐のエース採用率が高い理由も実際にやってみて分かりましたね~
あの性能は普通に強いw


次に作るなら、スピカorアリエスorユノス・リシアらへんのデッキですかね~
それとやっぱりみかもエースをww



今日も真っ黒な記事ですいませんです。
るりゅさんありがとうございましたm(_ _)m
2012-01-24 02:05 | カテゴリ:ヴァイスシュヴァルツ(デッキレシピ)
というわけで、本当に久しぶりのヴァイス記事&レシピ公開ですw
あ、ひたすら黒字で見づらいので気をつけてください。



いきなり余談ですが、Rewriteは本当にいろんなタイプのデッキが試せ、また、これといった強い構築が固まっているわけでもありません。
したがって作っている側としては、DCの広いカードプールを弄るのと同じか、それ以上の楽しみがあります♪

が、どんな構築を作っても毎回行き詰まってしまうのがLv2帯の構築でした。

Lv0帯に関しては言わずもがな。
相打ち・移動キャラ・Lv1以下汎用サーチ・パンプキャラ・シフト集中と様々な能力を持つカードが集まっており、全く弱い要素が見つかりません。

Lv1帯に関しては、Rewriteの主格たるヒマワリ畑・迎撃のセットやLv1相打ち、擬似9500の壁になるLv2への早出しキャラ・リライター等が候補に挙がると思います。
これらに関しても、高パワー維持&相打ちの効果により、Lv1帯の攻防を有利に進めることが出来るため、非常に優秀なカードが揃っていると言えると思います。

また、Lv3帯に関しては対応CXが小鳥以外不遇であるものの、フィニッシャー・回復・高パワーと、強力な効果を持ったカードが一通り揃っています。
もちろん弱いわけがありません。

ですがLv2帯に関してだけは正直微妙な感じが拭えません。
Lv2帯と言えば、最近の環境では早出しをするか、2/1/9000でさらっと流す構築が主流だと思います。
しかしRewriteの早出しと言えば、パワーラインがたかだか10000のカードが出てくるだけ。
上位タイトルの10500~11500のパワーラインには及ばない上に、アンコール等守りの効果も持っていません。
さらには最近のLv1で届いてしまう程度のパワーラインであるために、壁として立たせるにはとても心細い感じがあります。

また、2/1/9000と言えば、つばさクドと同じ効果を持った私服の静流が想起されますが、憧れクドの相手ターンパンプとの相乗効果により堅さが尋常じゃないクドと、専用パンプキャラ(ヒマワリ畑)と全くかみ合わない能力(ともにレストパンプ)を持った静流では、汎用性が全く違います。

これらの理由により、Lv0~1までせっかくアドを保っても、Lv2で場が崩壊してしまうんですよね;;
ヒマワリ畑+迎撃で流すと言う構築も試しましたが、やはり上位タイトルのパワーの前には完全に沈黙しました・・・・・・



そこで考えたのがLv2帯を(擬似)1回アンコールで受けて、返しにLv3で確実に相手を狩りに行く構築です。
となると候補に挙がるのは、チェンジキャラ2種・散る桜&鍵の少女です。

ここで非常に悩んだのですが、

鍵の少女→○複数回アンコール可能・場所を選ばない
     ×他に能力無し・アンコール封じに弱い
散る桜 →○Lv0~1に対象ネームが揃っており、相性が良い
     ×(擬似アンコール)1回きり

という長所・短所、また、1回の対戦で2回も3回も守る必要は無いだろうとの判断から、散る桜を採用しました。
あとはやっぱり「Lv0の移動キャラをパンプして倒してからの相手ターンは逃げ」、「相打ち封じ」、「Lv1相打ちを能力持ちなら狩れるパワーラインまで持って行くことができる(助太刀も打たれづらい)」の動きが強いと感じたのでw

あとは2種類のチェンジキャラですが、どちらも散る桜のネームパンプには対応していません。なのでそこは平等なのですが、大きく異なるのはCXシナジー。
片や相手クロック送りのフィニッシャー、片や高パワー殴り&ハンドアドと、全く異なる動きをします。

そこでもまた考えたのですが、やはり一番重要だと感じたのは「相手の早出しキャラを割れること」でした。
こちらが早出ししているのであれば、当然相手も早出しをしているorしてくると思われます。
そのとき、そのLv3キャラを割るためにCX+補助が必要なルチアと、CXだけで十分な朱音では大きな差があります。
当然相手のLv3キャラを割れなければ、次のターンもまた相手に殴られて、結局すぐに倒れてしまいますので・・・・・・

もちろんルチアはルチアでLv3に上がってパワーラインが届かなくなる前に、相手の低パワーキャラを狩って能力を発動させることが出来るので、決して弱いわけではありません。
ですがLv2の段階ではクロック送りにしてもそれほどの効果があるわけではありません。
やはり詰めの段階で強いキャラをクロック送りにしてこそ意味があると思うので・・・・・・

そこで狩るために必要なパワーの底上げを図れる後列の片方が非パンプ要員(散る桜)である以上、やはり相手のLv3キャラを割るのは難しいです。


というわけで、Lv3キャラは結局朱音を採用することにしました。
さらに言えば、やはりLv1段階で楽な条件でLv3を登場させられる、Lv1段階で擬似9500or10000の壁は高い、CXシナジーにより相手キャラをほぼ確実に狩れる&ハンドも保持できる等、諸々の長所も考慮されていたんですがねw

やっぱりRewriteはLv3の片枠に朱音を入れる構築が強い気がしますw

そんなこんなで、Lv0はチェンジ元を引っ張るためのオカ研3積み、他は安定の強カード。
Lv1は散る桜に対応した水着のちはや&チェンジ元。何気に水着のちはやはLvパンプしたあとに大食いわんぱく娘の効果が受けることができて、6000~6500クラスに対して助太刀を警戒せずに攻めていけるのも強いです(打たれても相打ちだからあんまり痛くない)。
そしてLv2は助太刀+Lv応援+チェンジ元。

最後に悩んだのがLv3のカードですが、やはり扉を入れて安定させたい&経験タイトルのパワーラインに対抗できるようにちはやを選択しました。
もともとチェンジでストックはそれほど余らないデッキなので、ストックは無駄なく使いきれるような感じだと思いますw

あとは、キャンセル率向上用のLv1助太刀・手札安定&圧縮用にサイクリングを1枚ずつ投入して今のような形になりました。
最初はサイクリングも2枚投入していたのですが、朱音のCXシナジーで思ったよりも握れることや、2枚来ると意外とレストパンプが厳しいことから1枚に減らしました。


使った感想としては、

・オカ研&サイクリングでサーチ圧縮
・Lv1助太刀でキャンセル率向上
・CXシナジーを発動できれば、1巡目のリフレッシュが早く迎えられる
・CXシナジー・サイクリング・扉でLv3キャラが4~5枚は確実に握れる

などの理由から、思ったよりも圧縮が強く、回復力もあるデッキになったと思います。

上位タイトルに勝てなかったのでいろいろと試行錯誤を繰り返したRewriteですが、自分の中ではこの朱音とちはやを組み合わせた構築が一番安定して強いと感じました。
もし他にも良い組み合わせとかあったら、教えてくださいm(_ _)m





・・・・・・てか、ほんとに自分の文章構成力の無さに愕然としたorz
見づらい文章すいませんでした。
色無し・フォント固定・推敲無しは手抜き全開ですww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。