-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-30 18:04 | カテゴリ:ヴァイスシュヴァルツ
個人的な見解なので逆の意見を持つ人には申し訳ないのですが、やっぱりアンコールステップチェンジは弱いかな、と思います。

まず「アンコールステップチェンジ」である以上、前提としてアタックフェイズでリバースしないことが必要である上に、10000程度のパワーでは下手すればレベル1にすら倒されてしまう、という点がネックになってきます。

早出しの狙いはやはり「レベル2から場を制圧する」ことが一番大きいと思うので、それこそ相手のターンで倒されてしまえば、CIP回復以外の意味はほとんど成しませんし、コスト損にもなります。

チェンジ先を守るために助太刀やカウンター、そしてアンコールをする場合にも、そこで払った分のカードのディスアドを早出しによる制圧力で取り返せるのかと言えば、それまた微妙なところ。

しかもアンコールステップまで生き残るためには当然パワーが高くなければなりませんが、チェンジ持ちであるがために、そのパワーラインは最高でもバニラ-500。
相手の場が整っている状況なら、無理にでもチェンジを狙ってサイドアタックをするか、倒される危険性を伴いつつのフロントアタックを仕掛けるしかありません。

というわけで、やっぱりアンコールステップチェンジは微妙かと。

とりあえずアンコールステップチェンジ持ちでも有効に使えそうなのは、

・チェンジ元がチェンジの他に優秀な効果を持っていて、チェンジできなくても最低限の働きが出来る。むしろチェンジはおまけ(例:「無意識の力 ルイズ」)
・チェンジ先が自前で生き残れるパワー・効果を持っている(例:「歌は祈命 シェリル」)
・「後列により高パワーが出力できるタイトル」のチェンジ持ち

ぐらいじゃないでしょうか・・・?

チェンジだけを考えるなら、実用圏内にあるカードは

・「幼き日の決意 シェリル」→「歌は祈命 シェリル」
 経験が発動していれば、レベル2相手でもサイドアタックで1点を通しつつチェンジできる。また、チェンジ先もクライマックス対応効果で生き残ることが出来る。
・「脱ぎ癖 グレイ」→「妖精の尻尾の魔導士 グレイ」
 「ウェンディの世話係 シャルル」で高パワーにして相手キャラを倒しつつチェンジできる。なおかつ、チェンジ先は記憶発動で相手ターン中パワー11500を誇るので、生き残りやすい。

の2枚しかないとさえ思います。(まどマギ・ギルクラについてはカードプールをチェックしていないので分かりません)

アンコールステップチェンジの有名どころで言えば、上の2枚を除くと「くすぐったい毎日 音姫」や「此花 ルチア」が挙げられると思いますが、前者は記憶発動が難しく、発動していなければ「アジサイ畑のまゆき」などのサポートが必須であり、後者は「ルチアVS静流」などのカウンターを使わざるを得ない状況になりやすいです。
それに加え、両カードともチェンジ元が2コストのカードでありながら高パワーが出せないので、相手の場がレベル2以上のカードで揃えられている場合にはソウル2と言う利点を全く活かすことができません。

なので、現在自分が組んでいるD.C.生徒会デッキも静流&ルチアデッキのどちらもチェンジギミックは採用していなかったりします。
もちろん意見は人それぞれですが、やはり個人的には微妙かな~という感じで。

もし反対意見や賛成意見なんかがあれば、コメント欄に書いてくださると助かります。
やっぱり他人の意見と言うのは貴重なのでw


というわけで、今日はこの辺で~
スポンサーサイト
2012-05-24 00:13 | カテゴリ:その他
※タイトルには「D.C.Ⅲ~ダ・カーポⅢ~」とありますが、実際には「D.C. D.C.Ⅱ プラスコミュニケーション」のカードが主となっていますので、ご理解をよろしくお願いします。

ついにD.C.Ⅲのカードが公開されましたね~

プール全体として見れば、やはり《新聞》のシナジーが強いと感じますが、D.C. D.C.Ⅱ プラスコミュニケーションの頃からD.C.を使っていた身としては、《生徒会》の強化に目を見張るものがありました。

・全体的にパワーの伸びにくかったレベル0帯・レベル1帯の補強
・「水着のエリカ」では少々重かった&パワーが厳しかったレベル2帯に2/1/9500が登場
・レベル3帯にも実用性の高いカードが追加

など、ぱっと見て分かることの他にも

・「新生徒会長 杏」の能力発動を悩ませていたレベル1帯の助太刀に、ついに《生徒会》持ちの通常の助太刀が追加された
・今までは《生徒会》デッキでの採用はあり得ないとまで思っていた「くすぐったい毎日 音姫」の記憶をサポートするカードが増え、記憶達成がかなり容易になった

などなど、今までの《生徒会》デッキに足りなかった要素をほぼ全て揃えて来たと言っても過言ではないと思います。
《生徒会》デッキは初期から使っており、非常に愛着のあるデッキでもあるので、この強化は素直に嬉しい限りです。

《新聞》シナジーで組むD.C.Ⅲのデッキレシピは他の方が上げてくださると思いますので、自分は既存の《生徒会》デッキを改良した形のデッキレシピを上げることにします。


前置きが長くなりましたが、以下デッキレシピになります。
2012-05-21 23:44 | カテゴリ:ヴァイスシュヴァルツ
「宇宙かけでチート回復?CIP回復持ち4枚だけなのに何言ってんだこいつwwww」とか思うかもしれませんが、実際に友達と回していてチート回復が発生しましたw

だいたいこんな流れ(回復に関わるカード以外省略)↓

ハンド:「最後の切り札 秋葉(以下、秋葉)」、「獅子堂 妹子(以下、イモちゃん)」、「神凪 いつき(以下、いつき)」
場:秋葉×2

レベル2で秋葉が2枚チェンジ→2点回復。
こちらのターンに「河合 ほのか(以下、ほのか)」をドロー&登場で秋葉を回収して、秋葉を1枚登場。

2ターン後、レベル3突入のクロック0状態でクロック2ドロー。
「一緒の気持ち 秋葉&妹子(以下、秋葉&イモちゃん)」をドローして、秋葉2枚目登場+秋葉&イモちゃん登場→1点回復。

返しに2点入り、秋葉2枚ともチェンジ→2点回復。
クロック2ドローでイモちゃんをドロー。

再び返しに2点入り、イモちゃん控え室送り×2で秋葉&イモちゃんを2枚回収+2枚登場→2点回復。

リフレッシュを挟んでクロック2からのクロック2ドローで秋葉とイモちゃんをドロー。
秋葉を登場させてターン終了。

相手ターンにいつきでクロックに行った秋葉&イモちゃんを回収。

神キャン3連でクロック3維持からの秋葉チェンジ→1点回復。
クロック2ドローでイモちゃんをドロー。
秋葉&イモちゃん登場→1点回復。
秋葉&イモちゃんを圧殺でイモちゃん登場+控え室送りで秋葉&イモちゃんを回収。
秋葉&イモちゃん登場→1点回復。


と、謎の10点回復ww
展開は細かいところが若干違うかもしれませんが、10点回復したのだけは覚えてるw

キャンセル率が高かったり、クロック2ドローで毎回のようにキーカードを引くことが出来た等、運の強かった部分もかなりありますが、それにしてもCIP回復持ちだけのタイトルで10点回復は異常の一言。
回収性能は高めの構築にしてありますが、それがここまで光ったのは初めてでしたw

しかし同時に悲しかったのが、対応クライマックスを引けなかったこと。
相手がゼロ魔だったので、1ターンで仕留めるつもりで「宇宙をかける少女」を引きにクロック2ドローを繰り返したにもかかわらず、レベル2→対戦終了まで「宇宙をかける少女」を引けなかったのは逆にすごい・・・・・・

まさか惚れ薬を3回成功させたゼロ魔に勝てるとは思いませんでした^^;


ってなわけで自分の中で宇宙かけの評価がうなぎのぼり。
カムバックから評価はかなり高かったですが、久々に使ってみるとやっぱりかなり使いやすいですね~

何より、余計なイベントに頼らずに回収ループだけで回復を行っていけるのが強い。
基本的にストックを使うのがキャラの登場と回収能力だけなのでストックが貯まりやすく、また噛んだストックを掃きやすいため、圧縮率が高めになることも利点です。

カムバックのカードについても何やかんやと騒いだ自分ですが、実際使ってみると一番強いのはイモちゃんですw
特徴応援を持ちながら手札交換能力をも持ち合わせているイモちゃんは、ブースターだったらRどころかRRでもいいんじゃないかな?と疑うほどのチート性能だと思うのに、現状はC・・・

と言う不満は置いといて。
他のデッキだと、レベル1→レベル2付近の後列切り替えで今までの後列(当然低パワー)を前列に駆り出すか圧殺しなければならないところを、イモちゃんは手札交換に利用できる、と非常に優秀です。
それでレベル2後列を回収してくることも出来るので、余計に後列の入れ替えが捗ります。



そんなこんなでイモちゃん率いる宇宙かけは自分の中でかなり強い印象です。
というか自分のデッキの中ではトップかも?

もし使ったことがないと言う人がいたら、一度使ってみるといいかもです(〃´・ω・`)ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。