-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-24 02:05 | カテゴリ:ヴァイスシュヴァルツ(デッキレシピ)
というわけで、本当に久しぶりのヴァイス記事&レシピ公開ですw
あ、ひたすら黒字で見づらいので気をつけてください。



いきなり余談ですが、Rewriteは本当にいろんなタイプのデッキが試せ、また、これといった強い構築が固まっているわけでもありません。
したがって作っている側としては、DCの広いカードプールを弄るのと同じか、それ以上の楽しみがあります♪

が、どんな構築を作っても毎回行き詰まってしまうのがLv2帯の構築でした。

Lv0帯に関しては言わずもがな。
相打ち・移動キャラ・Lv1以下汎用サーチ・パンプキャラ・シフト集中と様々な能力を持つカードが集まっており、全く弱い要素が見つかりません。

Lv1帯に関しては、Rewriteの主格たるヒマワリ畑・迎撃のセットやLv1相打ち、擬似9500の壁になるLv2への早出しキャラ・リライター等が候補に挙がると思います。
これらに関しても、高パワー維持&相打ちの効果により、Lv1帯の攻防を有利に進めることが出来るため、非常に優秀なカードが揃っていると言えると思います。

また、Lv3帯に関しては対応CXが小鳥以外不遇であるものの、フィニッシャー・回復・高パワーと、強力な効果を持ったカードが一通り揃っています。
もちろん弱いわけがありません。

ですがLv2帯に関してだけは正直微妙な感じが拭えません。
Lv2帯と言えば、最近の環境では早出しをするか、2/1/9000でさらっと流す構築が主流だと思います。
しかしRewriteの早出しと言えば、パワーラインがたかだか10000のカードが出てくるだけ。
上位タイトルの10500~11500のパワーラインには及ばない上に、アンコール等守りの効果も持っていません。
さらには最近のLv1で届いてしまう程度のパワーラインであるために、壁として立たせるにはとても心細い感じがあります。

また、2/1/9000と言えば、つばさクドと同じ効果を持った私服の静流が想起されますが、憧れクドの相手ターンパンプとの相乗効果により堅さが尋常じゃないクドと、専用パンプキャラ(ヒマワリ畑)と全くかみ合わない能力(ともにレストパンプ)を持った静流では、汎用性が全く違います。

これらの理由により、Lv0~1までせっかくアドを保っても、Lv2で場が崩壊してしまうんですよね;;
ヒマワリ畑+迎撃で流すと言う構築も試しましたが、やはり上位タイトルのパワーの前には完全に沈黙しました・・・・・・



そこで考えたのがLv2帯を(擬似)1回アンコールで受けて、返しにLv3で確実に相手を狩りに行く構築です。
となると候補に挙がるのは、チェンジキャラ2種・散る桜&鍵の少女です。

ここで非常に悩んだのですが、

鍵の少女→○複数回アンコール可能・場所を選ばない
     ×他に能力無し・アンコール封じに弱い
散る桜 →○Lv0~1に対象ネームが揃っており、相性が良い
     ×(擬似アンコール)1回きり

という長所・短所、また、1回の対戦で2回も3回も守る必要は無いだろうとの判断から、散る桜を採用しました。
あとはやっぱり「Lv0の移動キャラをパンプして倒してからの相手ターンは逃げ」、「相打ち封じ」、「Lv1相打ちを能力持ちなら狩れるパワーラインまで持って行くことができる(助太刀も打たれづらい)」の動きが強いと感じたのでw

あとは2種類のチェンジキャラですが、どちらも散る桜のネームパンプには対応していません。なのでそこは平等なのですが、大きく異なるのはCXシナジー。
片や相手クロック送りのフィニッシャー、片や高パワー殴り&ハンドアドと、全く異なる動きをします。

そこでもまた考えたのですが、やはり一番重要だと感じたのは「相手の早出しキャラを割れること」でした。
こちらが早出ししているのであれば、当然相手も早出しをしているorしてくると思われます。
そのとき、そのLv3キャラを割るためにCX+補助が必要なルチアと、CXだけで十分な朱音では大きな差があります。
当然相手のLv3キャラを割れなければ、次のターンもまた相手に殴られて、結局すぐに倒れてしまいますので・・・・・・

もちろんルチアはルチアでLv3に上がってパワーラインが届かなくなる前に、相手の低パワーキャラを狩って能力を発動させることが出来るので、決して弱いわけではありません。
ですがLv2の段階ではクロック送りにしてもそれほどの効果があるわけではありません。
やはり詰めの段階で強いキャラをクロック送りにしてこそ意味があると思うので・・・・・・

そこで狩るために必要なパワーの底上げを図れる後列の片方が非パンプ要員(散る桜)である以上、やはり相手のLv3キャラを割るのは難しいです。


というわけで、Lv3キャラは結局朱音を採用することにしました。
さらに言えば、やはりLv1段階で楽な条件でLv3を登場させられる、Lv1段階で擬似9500or10000の壁は高い、CXシナジーにより相手キャラをほぼ確実に狩れる&ハンドも保持できる等、諸々の長所も考慮されていたんですがねw

やっぱりRewriteはLv3の片枠に朱音を入れる構築が強い気がしますw

そんなこんなで、Lv0はチェンジ元を引っ張るためのオカ研3積み、他は安定の強カード。
Lv1は散る桜に対応した水着のちはや&チェンジ元。何気に水着のちはやはLvパンプしたあとに大食いわんぱく娘の効果が受けることができて、6000~6500クラスに対して助太刀を警戒せずに攻めていけるのも強いです(打たれても相打ちだからあんまり痛くない)。
そしてLv2は助太刀+Lv応援+チェンジ元。

最後に悩んだのがLv3のカードですが、やはり扉を入れて安定させたい&経験タイトルのパワーラインに対抗できるようにちはやを選択しました。
もともとチェンジでストックはそれほど余らないデッキなので、ストックは無駄なく使いきれるような感じだと思いますw

あとは、キャンセル率向上用のLv1助太刀・手札安定&圧縮用にサイクリングを1枚ずつ投入して今のような形になりました。
最初はサイクリングも2枚投入していたのですが、朱音のCXシナジーで思ったよりも握れることや、2枚来ると意外とレストパンプが厳しいことから1枚に減らしました。


使った感想としては、

・オカ研&サイクリングでサーチ圧縮
・Lv1助太刀でキャンセル率向上
・CXシナジーを発動できれば、1巡目のリフレッシュが早く迎えられる
・CXシナジー・サイクリング・扉でLv3キャラが4~5枚は確実に握れる

などの理由から、思ったよりも圧縮が強く、回復力もあるデッキになったと思います。

上位タイトルに勝てなかったのでいろいろと試行錯誤を繰り返したRewriteですが、自分の中ではこの朱音とちはやを組み合わせた構築が一番安定して強いと感じました。
もし他にも良い組み合わせとかあったら、教えてくださいm(_ _)m





・・・・・・てか、ほんとに自分の文章構成力の無さに愕然としたorz
見づらい文章すいませんでした。
色無し・フォント固定・推敲無しは手抜き全開ですww

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://reflecttier.blog10.fc2.com/tb.php/119-ea076255
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。