-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-07 04:52 | カテゴリ:Phantasmagoria(デッキレシピ)
3月5日(月)の秋葉原カードキングダム公認大会で使用した徳河 詠美エースのデッキレシピです。



【あっぱれ!天下御免】徳河 詠美エース・敏/器殴り・武/敏受け

ACE
徳河 詠美

EX SKILL
最後の空
完全な『殺意』
ランチタイム

CHARACTER 25
フィオネ・シルヴァリア(B)×3 (アタッカー)
能美 クドリャフカ(R)×3 (武/敏下げサポート・ブロッカー)
黛 由紀江(R)×4 (アタッカー・ダメージ分散)
楠 耶央×3 (アタッカー)
徳河 吉音×2 (アタッカー)
子住 結花&子住 由真&子住 唯×3 (回復)
銭方 真留×3 (バーン)
佐東 はじめ×1 (バーンブロッカー)
神楽 ほたる×3 (敏/器サポート)

BUTTLE 12
決闘(武/敏)×2
弓道(器/武)×4
砂遊び(器/敏)×4
絵画(器/知)×2

ITEM 0

EVENT 23
焦げ卵×3
幽閉×4
消毒×1
救出×2
反論×4
暴力×2
契約×2
のろけ×1
勇気×4



基本戦術は、敏受けのバトルを展開→柳生新陰流→タケチヨで、詠美を敏殴り・敏受けの状態で攻撃させる。
その他にフィオネ・まゆっち・耶央の3キャラをノーコストアタッカーとして展開し、相手のHPをちまちまと削っていきます。

基本的には相手の武/敏属性を攻めることになるため、クドの「ヴェルカ&ストレルカ」や「暴力」を使って相手の属性を下げておくと、後続のアタッカーの攻撃力も擬似的に上がるため、効率良く攻めることが出来ます。
さらに吉音を除くあっぱれキャラは相手ターンにも動けるため、そのキャラを対象にとって「勇気」を詠美に使用し、高火力で攻めていきます。

また、このデッキは詠美の特殊能力にコストが必要かつ数で攻めていくタイプのデッキであるため、イベントにコストを割く余裕はほとんどありません。
そのため「手当て」「願い星」といった回復・ダメージ軽減イベントは投入せず、「救出」「契約」のようなノーコストのダメージ分散イベントを採用しています。
これに関しては、そもそも詠美の能力値が非常に高いため、詠美で受けておいてあとで分散させても瀕死状態になるようなキャラは出ないだろう、という判断から採用を決めました。

あとは「焦げ卵」「消毒」「のろけ」ですが、「焦げ卵」は「救出」メタ兼追い討ちのバーン(詠美以外火力は高くないため相手キャラが生き残りやすい)、「消毒」はマルギッテやアンブラへのメタ、「のろけ」は回復カードメタ、と相手にメタを張るカードを揃えています。



実際に回した感想としては、

①「完全な『殺意』」や「ランチタイム」は他のEXスキルに差し替えてよかった。
②「決闘」は環境に合わせて別の攻撃属性バトル(敏受け)に変えるべきだった。
③「無防備」を採用した方が良いと思われる。

と言ったことが挙げられます。

①「ランチタイム」は使用したが、起き上がって発動できる特殊能力が少なく、ほとんどエースに代わって攻撃を受けることしか出来なかったため、そもそも「ハプニング」で良かったという結論に。
 「完全な『殺意』」に至っては使おうとすら考えませんでした。そのため、他のEXを採用した方がいいかと。

②「決闘」は詠美の特殊能力使用を前提に投入したバトル枠なので、敏受けであれば何でも良かった。
このデッキでは武/敏が高いキャラが多いためダメージを入れられる可能性を考慮して「決闘」を選択したが、結局詠美でアタックすることしか想定していないため、逆用される可能性の少ない攻撃属性のバトルを選択するべきだった(できるだけバトルを破棄したくないため)。
現環境だと武/知殴りが多いから、穏殴り=洗濯(穏/敏)にした方が良い気がする。

③先にも述べたとおり、基本的には相手の武/敏属性を攻めることになるため、相手の属性を下げておくと後続のアタッカーの攻撃力も擬似的に上がるため、効率良く攻めることが出来る。
また、コストがかからない面から言っても「無防備」はこのデッキと相性がいいため投入しておきたかったが、枠が無かったので採用は見送ることにした。
しかし実際にはコストが足りなくなることが多々あったため、「勇気」や他のイベントを何枚か削って「無防備」を投入した方が良かったと思われる。

改良点としてはこんなところでしょうか。

あとは普通に抱いた感想として、詠美強いな~と。(一部、大会レポからのコピペ)

詠美は敏・知の2択が効かないことだけでも厄介なのに、知殴り環境の現在では受けるだけでバックダメージが入ると言う素晴らしい仕様。
知殴り同士でもバックが入るのは当然ですが、お互いに知殴りだとサポート・アイテムの差で優劣が出ますし、バトル逆用まで視野に入ってしまいますが、器→敏殴り(属性変更)でバトル逆用されずバックを返せるのは普通に優秀だと思います(*´∇`*)

原作を知らないので全く組む気はなかったんですが、サインカードが公開された時点で詠美のサインカードのかっこよさ(と能力値の高さ)に惚れて組むことを決めましたw
あと名前に「詠」と言う文字が入っているのも何気にポイント高かったり。
「黄昏色の詠使い」がすごい好きで、ブログ名にも使われている文字なので、ちょっと嬉しい(〃´・ω・`)ゞ

運良く詠美サインも当たったので実際に組んでみたわけですが、予想以上に強かったので、これが自分のメインデッキになるかもしれませんね~


というわけで、詠美エースのレシピ&感想はこんなところで~
もしご意見等ありましたら、コメントよろしくお願いしますm(_ _)m

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://reflecttier.blog10.fc2.com/tb.php/136-a9b4f1da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。