-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-10 21:05 | カテゴリ:ヴァイスシュヴァルツ(デッキレシピ)
かなり久しぶりにブログ更新&ヴァイスのデッキレシピを公開します。

とは言っても回してからは未調整なので、あしからず…





自分は舞-HiMEが好きだったので、友達にヴァイスを誘われたときに「舞-HiME&宇宙かけ」から始めました。
その際、舞-HiMEはレベル3やら特徴1000パンプや2/1/3000助太刀が揃っているので戦えないことはなかったんですが、宇宙かけに関して言えば「PRのCXを買わなければ、単に出来ない」という欠点から始まり、2/2/9500を支えられる後列もいなく、レベル3ではフルボッコに合い…と、結局秋葉の全バウンスに頼ることしかできない弱小タイトルのイメージが拭えませんでした。

そんな頃から2年が経ち、ようやく救済されました「宇宙をかける少女」。しかも1/1/8000や待望のレベル3、おまけにそのパワーを支える特徴1000パンプや2/1/3500助太刀、と今まで欲しかった要素をほぼ全部そろえて戻ってくると言う神がかった救済措置。
これは封印していた宇宙かけデッキを組みなおさなければならない!ということで新しく作った宇宙かけデッキが上に挙げたデッキです。


と、前置きが非常に長くなりましたが、そろそろデッキの解説&回した感想でも。


【戦術】
~基本~
序盤は普通にキャラ展開をしながらストックを貯めて行き、後半にその回収力を活かしてチェンジループで4~6点の回復を狙っていきます。
なお、後半の回収対象を選ぶ際、注意するべきなのが、「最後の切り札 秋葉」(レベル2・チェンジ元)→「一緒の気持ち 秋葉&妹子」(レベル3・チェンジ先)チェンジは実質2コストであり、「一緒の気持ち 秋葉&妹子」を素出ししているのと変わらない上に、「最後の切り札 秋葉」は特徴1000パンプとして後列に役立ってくれるため、チェンジが狙える状況なら「一緒の気持ち 秋葉&妹子」を回収するよりも「最後の切り札 秋葉」を回収した方が展開が楽になると言う点です。

もちろん相手キャラのデッキ逆圧縮効果やリフレッシュにより、チェンジできない場合もありますので、その辺は臨機応変に対応していきましょう。

~マリガン時~
レベル1では「Qテクターほのか」が要となってくるので、手札のレベル0キャラの枚数と相談しながら、極力「Qテクターいつき」は手札に残しておきましょう。

~レベル0~
握れていれば「獅子堂 ナミ」でアタック。
握れていなかったら、他の適当なキャラ(ただし、「いつき&ほのか」はできるだけ握って置くように)でアタック。
レベル1で「Qテクターほのか」を出すために、最低でも2コストは貯めておきたいところです。

また、クロック5~6の状態であれば、「願いを受け継ぐ者 秋葉」でアタックするのがかなり有効な選択肢かと。
ルール上、ダメージ処理(レベルアップ含め)→バトル
となるため、もしこちらにダメージが入ってレベルアップすれば「願いを受け継ぐ者 秋葉」のパワーが2000上昇するので、相手のフロントアタックを牽制することが出来るからです。

レベルアップのときに置く色は赤か緑のどちらかで、手札と相談しながら決めましょう。
ダメージが大きく、既に両色とも見えている場合には、黄色を置くのが良いかと思います(レベル2で黄色が必須なので)。

ただし、1つだけ注意点が。
このデッキの中で唯一「いつき&ほのか」だけは特徴「コロニー」を持っていないので、レベル置き場のコロニー枚数を参照する「願いを受け継ぐもの 秋葉」や「Qテクターいつき」の存在から、「いつき&ほのか」をレベル置き場に置くことは出来るだけ避けましょう。

~レベル1~
前列に「Qテクターほのか」、後列に「獅子堂 妹子」と言う布陣を整え、相手のキャラを倒して行きます。
また、この辺から「いつき&ほのか」のパンプによって安全に相手を倒しに行くことも考慮に入れてキャラを出して行きましょう。

レベルアップ時には黄色を。

~レベル2~
ここでは、今までに回収した「最後の切り札 秋葉」を後列に展開して、自ターンのチェンジを狙って行きます。
しかし、レベル2かつドローステップチェンジともなると、リフレッシュを挟む可能性があるため、基本的には「Qテクターほのか」+「最後の切り札 秋葉」の布陣で戦っていくことになると思います。
最後や最後から2枚目のトリガーで「一緒の気持ち 秋葉&妹子」がめくれた場合には、2/1助太刀やチェンジコストで落とすことが出来るので、トリガーはしっかり覚えておくように。また、デッキの性質上、それほどコストがかかる構築にはなっておらず、だいたいレベル1で場アドが取れるため、コストはかなり余るかと思います。
そこで、それまでに貯めたコストを使って「河合 ほのか」や「不思議少女ほのか」で「最後の切り札 秋葉」を回収し、チェンジループによる大量回復を狙って行きます。

場合によっては、「獅子堂 秋葉」の全バウンスも考慮に入れるように。

また、チェンジさせた「一緒の気持ち 秋葉&妹子」のCXシナジーは極力控え、詰めの段階まで「宇宙をかける少女」は握っておきましょう。

~レベル3~
レベル2とやることは変わりません。
チェンジループを繰り返し回復しつつ、詰めに行けると思ったら「一緒の気持ち 秋葉&妹子」のCXシナジーを使いましょう。

【雑感】
「Qテクターほのか」つえええええーーーーー!!!!!

とりあえず後列に「最後の切り札 秋葉」やら「獅子堂 妹子」を並べて手札に「Qテクターいつき」を握っておけば、まず負けません。
レベル3にだって負けません。
まあ負けたって、所詮レベル1だしねって言うw

とにかく「Qテクターほのか」が終始場アドを取るのに貢献してくれます。
まあしかしそれも「Qテクターいつき」(2/1/3500助太刀)や「最後の切り札 秋葉」(コロニー1000パンプ)があるからこそ出来ることで、本当に今回のカムバックはどのカードが欠けても既存の宇宙かけのパワーラインを補うことは出来なかったんじゃないかと(〃´・ω・`)ゞ

あと(個人的には)回収力を強めにしたつもりだったけど、これが結構正解だった。
ドローステップチェンジと言えばミルキィですが、ミルキィのデッキなんて使ったことがなかったので、「チェンジしたあとはどうすればいいんだろう……?」→「パンプ持ってるし、とりあえず回収じゃね?」な安易な発想から投入していた回収カードで、まさか6~7点もの回復が狙えるとは思っても見なかった……

実質2コス回収の「河合 ほのか」や「不思議少女ほのか」はもちろんのこと、何と言っても一番強いのが「獅子堂 妹子」(イモちゃん)。
後衛としてレベル0~レベル1帯を支え、必要なくなったら自身を控え室に送るだけでノーコスト手札交換が行えてしまう、というかなり高性能なカードです。
「Qテクターほのか」さんのおかげでレベル1帯の場アドはほとんど取れるため、必然的に手札が余る状況でこの手札交換が行えるのはかなり強いですほんとw

そもそもイモちゃんは0コストなので、場が空いていれば実質1ハンドで手札交換が行え、なおかつコロニー500パンプを持っているので、後半に引いてきても全く腐ることがありません。

その可愛らしさも含め、もう本当にイモちゃん最高ですね!!(≧∇≦)

IMG_0259.jpg
(サムネの画質落ちぇ…… クリックで綺麗なイモちゃんが見れるよ!)


なんかちょっと話が逸れましたが、このデッキでの勝率はお花畑入りミルキィに2戦2勝、化物語に1戦1勝、FAIRY TAILに1戦1勝と、今のところ負けがありませんw
まあ回した回数としては非常に少ないですが、それでも弱い弱い言われていたタイトルが上位タイトル陣にここまで勝っているだけでもかなりすごいのではないでしょうか?

ほんと今回のカムバックキャンペーンに関しては、ブシロードさまさまですねm(_ _)m


とりあえず、回した感想としてはこんな感じで、あとは「獅子堂 秋葉」(全バウンス)は1枚で十分かな、とか、「願いを受け継ぐ者 秋葉」が予想以上にチート性能だったので、あまり(というか全く)活躍しなかった「宇宙をかける少女 秋葉」を全抜きしてその枠に入れて4投でいいんじゃないかな、と感じたので、それを基に少し改良を加えてみたいと思います。


もし何かご意見がありましたら、コメントをよろしくお願いしますm(_ _)m

それでは今回はこんなところで~



P.S.
久しぶりにヴァイス記事書いたら2hもかかってしまた……

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://reflecttier.blog10.fc2.com/tb.php/150-1ccb74e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。