-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-13 02:54 | カテゴリ:アニメ
ずっと観たかった「ドットハック セカイの向こうに」をついに観ることが出来ました。

ストーリーは素直な構成になっており、ドットハックを知らない人やオンラインゲームそのものに関する知識が無い人にも分かりやすい感じでした。
流れは、主人公がオンラインゲーム「The World」にはまっていくまでが長く表現されており、そこから事件解決までは割とあっさり進んだかな~という印象です。

しかしその中でも、製作者がこの作品に込めた想いが伝わって来て、非常に感銘を受けました。

「現実」と「仮想」。
本来異なっているはずの2つの世界がリンクして事件が発生した、ということは、仮想世界での出来事も等しく現実である、ということを提起しているような感じではないかなと。

そしてファンタジー要素だけではなく、青春要素も盛り込まれており、そこらへんは非常に上手いな~という印象を受けました。

感動した!!とまでは行きませんでしたが、現実と仮想とは何なのかということを再確認すると共に、観ていてとても温かくなれる、そんな作品でした。


そして極めつけはやはり音楽。
KOKIAさんの「光をあつめて」に関しては前にこのブログでも触れたとおり、とても素晴らしい曲となっており、また映画の内容と歌詞の内容を照らし合わせて、再び聴き入ってしまいました。

劇中で流れる音楽に関しても「ファンタジー」を想起させるようなものとなっていて、場面とも良く合っていました。



そんなわけで、まだこの映画を観たことが無い人にはぜひお勧めしたいです。
ちょっと疲れたときに観る、そんな感じで観れる心地の良い映画だと思いますので、機会があれば観てみてはどうでしょうか。



そんなところで今日は撤収~

ちなみに自分は数日前にこの映画を観てから、1日1回ペースで今なお観ておりますw

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://reflecttier.blog10.fc2.com/tb.php/193-195d1a7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。