-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-25 05:27 | カテゴリ:Phantasmagoria
大阪だと遠いけど名古屋ならワンチャンある!ということで、名古屋まで行ってまいりました。

入賞したいという気持ちもありましたが、自分の実力と「おとぎ話」の強さを確認するために、今組んでる中では音羽の次に自信があるデッキで出場してきました。

それでは11/24名古屋公式大会のレポートになります。


エース:リシア・ド・ノーヴァス・ユーリィ(穢翼のユースティア)
参加人数:96名(6回戦)



1回戦:兼元 灯里 後手

初手バトルなしもキャラは理想、そして後手だったので、そのまま開始。

エースがめくられた瞬間、バトルなしはまずかったかな…と思ったものの、とりあえず3ターン目に弓道を引いてきたあたりで一安心。
3ターン目から殴り始め、相手はキャラの展開に専念しているためこちらは殴られず。

茅明さんに拘束を打ったりしている内にゴミ箱が20枚たまり、王家→幽閉→反論→幽閉(?)で最初は止められた気が…

しかし次のターンからは安定しての王家。

相手にEXをめくらせ、盤面ではかなり有利なものの、何せ始動が非常に遅いデッキなので、時間切れに。
ここで相手の方(というか知り合いw)が投了してくれたので、一応勝ちということになりましたが、やはりこちらもプレイングが遅かったことは否めないので、対戦終了後に猛反省。

申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、とりあえず一勝。




2回戦:ルルシェ 後手

同じく初手バトルなしもキャラが良好なため、マリガンせず開始。

こちらは2ターン目に絵画を引いてきて殴り始め、相手は雑貨つきルルシェとマカロンの2パン体制。
2ターンは攻撃を通したものの、リシアにダメージが蓄積したため、人肌作戦でルルシェを封じ、マカロンにバトル中拘束。
これで相手の動きを止め、その後の殴りで相手Pマカロンに3点からのおとぎ話でご退場。

相手の盤面は崩したものの、こちらもバトルが1枚(ただし完全な有効バトル)しかないため、完全に王家待ちという状態に。

王家を達成するも、相手のハンドが大量にあるため、十分に引き付けてからの願い星。
ナナカの打点もめんどくさかったため、ダウンをもらう打点まで伸ばさせてからの拘束で相手のキャラを減らし、王家で1ダウン。

相手2キャラ自分6キャラの完全に盤面有利な状況で王家→アタックで勝利。

○○


3回戦:黛 由紀江(ver1.0) 後手

初手看病・キャラ3で開始。
2ドローで絵画を引いてきたため、2ターン目から殴り始める。

しかし相手の盤面に紋白・風花・源と並んで非常にめんどくさい展開に。
残り200点の紋白受け→アイギス→握り飯→聞き分けのいい子→敵弾即斬で実質毎ターン0点。

1回だけラヴィリア受けされてラヴィリアダウンからの、当然のように出てくるリシア。
が、こちらは手札拘束4の神ハンドw
1枚は反論されるが、3回リシアを戻したため、こちらもターンを稼ぐ。

とはいえ打点が伸びないため王家まで待つも、幽閉に対して反論が引けず2ターン王家が止まる。

しかしその間、メルトアタック風花受けに相手の弓道を利用してヴィノレタ400点。
風花がいるとめんどくさいので、おとぎ話で風花を退場させることで盤面がかなり有利に。

最後は王家を通して相手が詰めに来た感じだったけど、2アタック後、相手ハンド1未行動キャラ2、こちら願い星手当て浄化のどれか2つが言える状態。
凌げそうだな~と思っていたら普通にターンが回ってきたので、王家→アタックで勝利。

○○○


4回戦:兼元 灯里 後手

「あ、あなたは…かの有名なめいさんじゃないですか!!」と言った感じで、お互い「当たりたくなかったな~」と愚痴をこぼすところからw
相手のエース・構築・プレイングはお互いに知っているので、めっちゃやりづらいようでやりやすい(←どっちやねん

初手キャラ3弓道は当然のごとくキープで開始。

2ターン目に相手のキャラが止まったため、こちらはキャラ展開を優先。
4ターン目ぐらいにダーツを引いてきたため、アタック宣言すると対応兼元は器上げ。
アタッカーはメルト・耶央と何気にバックダメージがやばい状況ながらも、王家まで行かなきゃ不利なことは確実なので、メルト・耶央ともアタック。

一応7点乗せたため、次のターンはEXをめくらせられるかな~と思いつつも、相手EXに一騎当千が入ってるのを知ってるからビクビクビクビク。

茅明に拘束→対応教育係で器上げ。
攻撃宣言→対応兼元で器上げ

あ、相手の器が800あるんですが…しかしEXをめくらせたいのでフィオネが弓道で攻撃。
見た目打点でエースが落ちるため、メルトで攻撃するとバトル中手当てでこちらのみダウンする状況。
仕方ないのでメルトは落としてターン終了。

そして次のターンに一騎当千をめくらせて、最後は王家で相手が投了。

○○○○


5回戦:フィオネ・シルヴァリア 後手

うん、そのエース知ってた(Twitter情報
初手に竪琴が無いから正直マリガンしたい…けどキャラが事故りやすい構築であるため、マリガンせず開始。

数ターン以内に竪琴もしくは拘束2ぐらい引けたら王家で攻めようかと思ったけどどちらも引かず、また相手の盤面にリシアが登場しなかったため、デッキアウト狙いにシフト。

幸いなことに、前衛にはティア・コレット・エリシアがいたため、耐久はしやすい状況。

しかし弓道2枚を置かれて割と厳しくなる。
相手のアタッカーはメルト・フィオネであるため、どれだけメルトに山札を削らせられるかが重要。

とりあえずエース受けからの浄化・聖女・幾つもの記憶の欠片で耐久するも、徐々にダメージが積み重なり、非常に危ない状況に。
ダウンダメージまで引き付けてからお鍋をめくって願い星とかやってたら、エースに新奇な予言。うそん……

するとティアの浄化しか言えなくなったため、耐え切れるかが一気に怪しくなる。
拘束1を握ったため、ここぞと言う場面でメルトに拘束を打ってバトル中断したかったけど、そうするとリシアが出てくることは見えていたため、拘束は最後まで温存。

3枚目のバトルを置かれてティアまでアタックしてきたため、仕方なくメルトをダウンさせる。

Bフィオネを登場させて次ターン、ティアアタック致死ダメージに仕方なく拘束でバトル中断→リシア登場。

次の相手ターン、王家通してからエース致死ダメージに身代わりで2ダウン。

その後引いてきたのがまさかの司Σ(゚д゚;)
こ、これは神カードだ…と内心めちゃくちゃ喜びながら、王様ゲーム誘発でリシア・ティア・Bフィオネを回復。
これで300点乗っていたティアが浄化を言えるようになったり、Bフィオネで受けやすくなったりと、盤面に少しは余裕が出る。

そして1ターン凌いで、もう後が無い状況から2ドローが人肌作戦・願い星。

相手にターンが渡り、相手山札は残り3枚。

絶対にミスが許されない状況で、残り200点のBフィオネ受け。
300点ダメージにお風呂・竪琴で相手がヴィノレタ、相手山札残り1枚。
浄化を宣言すると相手が引き下がり、何とか生き残る。

次のBフィオネアタックを司受け。
500点ダメージを願い星→反論→反論で司も生還。

相手未行動状態キャラ3(風花・コレット・シンシア)で風花に人肌作戦。
シンシアアタックをエリシアで受けて、エリシアも残り100点。
最後、相手コレット未行動状態(器400)、こちらリシア残りHP200で時間切れ寸前だったので、相手が投了。
ハンドを見たら砂遊びだったため、100点届かなかった計算に。

ピン積みの司つえーーーーーーーー!!!!!!!!(王様ゲームの100点無かったら負けてた)

○○○○○


6回戦:九鬼 英雄 先手

マリガン後、初手に輝く看病2枚。
2ターン目に2パンするのもありだったのに、Bフィオネ・メルトと出さずに、Bフィオネ・ティアと展開するプレイングミス。

それでも2ターン目にBフィオネアタックしてキャラ展開。
相手が紋白・弁慶を起こしてターンを渡してきて、看病2枚で2アタック。

相手が下げ波状であることは知っていたので、何キャラ起こすか迷ったものの、EX浄化・手当て2を考慮してティアのみ立たせてキャラ展開ターン終了。

すると次のターン、マルギッテ決戦エース受けに飛んでくる暴力・黄金の銃…あれ、リシアの敏が-300ってどういうことですか…という感じで、エクレアも打たれて実質打点1100点。
波状されると敏-300が効いてくるから悩んだけど、相手のハンド枚数・未行動状態のキャラ枚数を考慮して浄化をめくる。

真剣勝負セット紋白アタックはティアで受けて看病選択、お互い0点。
そして弁慶真剣勝負エース受けで800点相当。
敵弾即斬を使ってエースに800点乗った状態。

そして相手が空を使用。
対応聖女の残り300はまだ圏内なので、手当て→反論。
そして相手のハンドが0枚なので、さらにもう1回手当てを打って凌いで、相手が投了。

○○○○○○


ということで…

結果:6勝0敗

まさかの名古屋公式優勝でした!!ヾ(*≧∀≦*)ノ

えっ、いやマジで…というか今でも信じられない、というのが正直な感想…

当日の6:30まで「リシアと音羽のどちらを使おう…」と延々と悩み続け、結局1週間調整し続けてきたリシアを選択しました。

音羽なら結構いけるかな~とは思っていたものの、リシアはやっぱり厳しいかなぁ…と躊躇っていたのが嘘のように、しっかりと優勝することが出来てすごい嬉しいです(〃´・ω・`)ゞ

デッキコンセプトは「おとぎ話を使おう」だったので、おとぎ話を上手く使うことが出来て大満足です。

詳しくはデッキレシピを載せたときに書こうと思っているのでここでは書きませんが、自分はおとぎ話をかなりの強カードだと思っています。

もし使ったことの無い人がいたら、一考の余地はありますよ~



そんなわけでめっちゃ嬉しいんですが、正直あまり実感が無いのと眠いので、こんな適当な感じで締めさせていただきますw

名古屋公式に出場された皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m


P.S.
今回は音羽れろれろしなかったよ!
れろれろれろれろ煽らないでねw

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://reflecttier.blog10.fc2.com/tb.php/194-4bf57307
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。